November 08, 2005

【やなか住ネコ】人懐っこい茶トラ-谷中霊園

yanaka1108 yanaka1108_2 8日-小春日和の谷中霊園。さくら大通りにかすかなネコのなき声。冬毛つやつやの茶トラが、思わせぶりに散歩。追いかけて呼びかけると、寄ってきて、毛並みを披露。珍しく人慣れしたそぶりに「飼い猫?」、「飼い猫だよねぇ?」「首輪ないけど飼い猫?」と質問を連発しながら、答えが返ってこないのに「飼い猫に違いない」と思い込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 29, 2005

【やなか住ネコ】闇夜に透明黒ネコ-谷中7丁目

yanaka1011_4  29日-谷中のネコは一目散に逃げるというよりは、ちょっと逃げて難を除けてみて、さらに危ないと思えば、さらにちょっと逃げてみる・・・といった避け方をします。

 この黒ネコも、人の視線を感じて、人の手が届きそうにない高さに上り、様子を伺っています。自分が黒ネコで闇夜に隠れることも計算に入れているのか、いないのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 12, 2005

【やなか住ネコ】そろそろ冬毛に衣替えの茶トラ-谷中霊園

yanaka1011_3  12日-谷中まつりで賑わった9日の霊園。大通りから外れた墓地の参道では、喧騒と人の気配を避けているかのように、墓石の上に佇む茶トラと出会いました。

 毛並みもフカフカと冬仕様に変わってきているように見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 10, 2005

【やなか住ネコ】まさに招きネコ-初音小路

yanaka1011_2  11日-初音小路は、アーケードがついた飲食店が軒を連ねる路地です。夜になるとそれぞれの店の看板の明りがボワンと点ります。一見、行き止まりのように見えますが、通り抜けができる路地です。

 その初音小路のとある店先で、店番をしていたのが、三毛の黒ブチネコです。客引き?呼び込み?・・・いや、これこそ招きネコでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 09, 2005

【やなか住ネコ】ひさびさ店番ネコ-初音小路

yanaka1009  9日-店番ネコです。初音小路にあるお店です。初音小路はアーケードの左右に居酒屋が軒を連ねる路地です。その一軒で、カウンターで香箱を組み、招き猫を決め込む茶トラを発見しました。

 開店前の忙しいところを、パチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 08, 2005

【やなか住ネコ】出会い頭でびっくりネコ-谷中5丁目

yanaka1008  8日-「びっくりしたなぁ、もう」という目つき。

 谷中のネコたちは、人がネコの存在に気づかなければ、まるで石に化けたつもりでもいるかように、微動だにせず人が通り過ぎるのをやり過ごします。が、このネコは、のん気に塀の上を歩いてきて、私と同時に相手の存在に気づいて、「はっ!」と慌てて塀の向こうに飛び降りたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October 01, 2005

【やなか住ネコ】門番ネコ-朝倉彫塑館

yanaka1001  1日-現在は締め切っている朝倉彫塑館の母屋側の玄関前です。三毛ネコが、秋のまぶしい朝の光を受けて、玄関の門の脇の石にチョコンと座っていました。

 人の足音の気配に、ネコはどうするだろうかと立ち止まって観察しました。そこに訪れたのは散歩途中の人とイヌ。イヌがやってくる方向とは逆方向に、ネコは逃げていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 20, 2005

【やなか住ネコ】ご無沙汰しました-谷中7丁目の黒ネコ

yanaka0920  20日-ご無沙汰しました。朝玄関の戸を開けると、ご近所が根城の黒猫が、中を覗こうとしていました。

 黒ネコというと、宮崎峻監督のアニメ映画「魔女の宅急便」に出てくる少女の魔女「キキ」の相棒「ジジ」を思い出します。

 ガラッと開いた戸に、「びっくりしたじゃないかぁ」とでもいうように、鳴きながら後ろを振り向き、トロトロと遠ざかっていったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 10, 2005

【やなか住ネコ】観察猫その2-谷中7丁目の黒白ネコ

yanaka0910_2 10日-観察猫に出会いました。路地を覗いたら、黒白ネコが横切ったため、ネコに釣られて路地に入り込みました。

yanaka0910_4 角を曲がると、井戸の名残りを感じさせるコンクリートに、黒白ネコがまちぶせしていました=写真

 カメラを構えても泰然自若。

yanaka0910_3 そのうちにネコの視線の先が気になって、クルリと振り返ると、事務所の玄関=写真。ガラス張りで、仕事をしている人影が見えます。

どうやら、働いている姿をじっと観察しているようです。谷中7丁目の観察猫を見つけました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

September 06, 2005

【やなか住ネコ】逆観察猫-谷中7丁目

yanaka0906yanaka0906_2yanaka0906_4

yanaka0906_3

    6日-何気に視線を合わせて逃げていくネコを追いかけて、行く先を見ると、塀の隙間は行き止まり。ヒョイと身軽に塀を飛び越えるか?と思ったら、なんと塀の上を戻ってきて、ふてぶてしく絶対安全地帯に香箱を組みました。どうやら、暇そうな人間の生態観察を決め込んだようです。

 このネコが取る近すぎず、遠すぎない距離感は、住み始めた人たちが馴染んでいくのに、気長につきあってくれる谷中のコミュニティに通じるものがあるような気がしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 03, 2005

【やなか住ネコ】ねこ好きは、おばさんばかりではない・・・

yanaka0903 3日-谷中銀座に続く階段「夕やけだんだん」の上です。ここは、ネコ・ウォッチングのスポットです。ネコの愛らしい姿に足を止める人がいる一方で、ネコも通り過ぎる人を眺めていたりしています。こは、「ネコ好きはおばさんばかりではない」というショットです。

 地域の野良猫の面倒を見たり、野良猫を見かけると思わず話しかける女性(妙齢ではない)をネコおばさんというようです。では、ネコおじさんという言葉は存在しているのでしょうか?このプログを書きながら、気になったので、ウェブの検索エンジンGoogleで、調べてみました。

yanaka0903_2  「ねこおばさん」で検索するとヒット数は381件、「ネコおばさん」が223件、「猫おばさん」が1580件で、合計2184件。一方、「ねこおじさん」・「ネコおじさん」・「猫おじさん」の合計は968件。

 と、いう結果で、ネコおばさんほど、ポピュラーではないものの、ネコおじさんもいることが確認できたのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

September 02, 2005

【やなか住ネコ・番外】店先の涼しさに不動のイヌ-谷中銀座

maru 2日-谷中銀座のとある店先で、ご主人様の意に反して、店先でゴロリと横になり、梃子(てこ)でも動かないマルちゃんです。

 店の中から流れ出してくるクーラーの冷風が心地よくて、どうやら一休みを決め込んだようです。ご主人が、「いくよ!」と綱を引いても立ち上がろうとせず、体の下に手を入れて起こそうとしても、ガンとして動こうとせず、ご主人は立ち往生=写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

August 24, 2005

【やなか住ネコ】「あなたはどうしてロミオなの?」-西日暮里2丁目の茶トラ

yanaka0824  24日-西日暮里2丁目の茶トラ。家屋1階の窓の外にチョコンと座り、通りを眺めていました。まるで、ロミオとジュリエットのジュリエットのよう。瞳がレモン色で、魅惑的。

 逃げられないように、ゆっくりとカメラを構えてパチリ=写真上

 さらに、近寄って取ろうと一歩踏み出したら・・・、逃げるのではなく、近づいてきました。じゃあと手を伸ばすと、スッと遠ざかり、車の下に=写真下左

yanaka0824_2 yanaka0824_3  自転車に乗った親子連れも茶トラに気づいて、しばらくお見合いをしていました=写真下右が、根負けして通り過ぎていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

August 19, 2005

【やなか住ネコ27】残暑お見舞い申し上げます!-谷中5丁目の茶トラ

yanaka0816_2  19日-残暑お見舞い申し上げます。谷中5丁目の茶トラは、木陰ではなくコンクリートの上に寝そべっていました。谷中のネコは、ときどき石になったように微動だにせず、通行人をやり過ごそうと決め込むことがあります。しかし、通行人が、そのネコに気づいて近づくや否や、すばやく身をかわして逃げるので、頭をなでる、ましてや抱き上げる・・・なんて、させてくれません。

 このネコは、動くのも億劫だったのでしょうか、鷹揚に構えて、頭をなでさせてくれたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

August 14, 2005

【やなか住ネコ26】石ネコ-仮名垣魯文の猫塔記念碑

yanaka0813  14日-永久寺(台東区谷中4-2-37)に幕末から明治時代にかけて活躍した劇作家で、新聞記者の仮名垣魯文(1829-94)の墓と魯文の猫塔記念碑があります。この写真は、その記念碑の中に納められた石像です。上に向けた顔が左にあり、右に体があり、前足と尻尾があることがわかります。

  •  この記念碑の全体写真はこちら
  •  仮名垣魯文の墓の写真はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 31, 2005

【やなか住ネコ25】暑い夜はネコもしゃくしも夕涼み…

yanaka0731

 31日-暑い夜は、ネコもただただ夕涼みをしたいようです。谷中7丁目のアパート、階段口であるにもかかわらず、茶トラが手足を投げ出してゴロ寝をしていました。大胆な寝相にギョッとして、2歩後退し、パチリと撮りました。

 さて、「ネコもしゃくしも」という言葉、「誰も彼も」というような意味で使いますが、その成り立ちをインターネットで検索をしたところ、1.「禰子(神主)も釈氏(僧侶)も」という言葉の字が置き換わった 。2.「女子(めこ)も弱子(子供のこと)も」が変化した。3.杓子」には主婦という意味もあるので、猫も主婦も家内総出でということ-という説が出ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 24, 2005

【やなか住ネコ24】門番ネコ-谷中7丁目

yanaka0723_3  23日-再登場です。昼間もこの門柱の上でじーっとしているために、気づかず通りすぎそうになりますが、夜ともなれば、灯りの上とはいえ、さらに気づきにくいため、気づいたときにはドキッとしたりもします。写真を撮っていたら、家の中の犬に吠えられました。門番ネコの自由さを、羨んでいるように聞こえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 20, 2005

【やなか住ネコ23】暑中お見舞いネコ-夕やけだんだん下

yanaka0720  20日-暑中お見舞い申し上げます。JR日暮里駅から谷中方面に目抜き通りを進むと谷中銀座に着きます。その途中に下り階段があり、「夕やけだんだん」と呼ばれています。この夕やけだんだんの上の駐車場周辺は野良ネコの溜まり場!?で、餌を与える人もいて、いつもネコがいます。最近は暑さのために、夕方以降は駐車場で横座りになったり、グテっと前足・後ろ足を投げ出して横になっているネコの姿を見かけます。アメリカンショートヘアーもどきネコがとぼとぼと階段を横切っていました。心なしか暑くて不機嫌そうに見えるのは、ネコを見ている人間の心を投影しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 10, 2005

【やなか住ネコ22】傷ついたネコ-上野桜木2丁目

yanaka0710
 10日-上野桜木2丁目には、行列のできる洋菓子店「パティシエ イナムラショウゾウ」があります。その洋菓子店の近くで、血の色をした目ヤニをつけたネコがとぼとぼと歩いているのを見かけました。縄張り争いの結果でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

July 03, 2005

【やなか住ネコ21】「うざいのよ・・・」-谷中霊園の茶トラ白ソックスと黒

yanaka0702_2
 3日-暑さが一段落した夕暮れどき、谷中霊園でくつろいでいる2匹に遭遇。近づいても動じない白いソックスを履いた茶トラと、おめかしに夢中の黒。「うざいのよ・・・」とでもいうように、まぶたを少し開いてカメラ目線をくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 28, 2005

【やなか住ネコ20】酒屋の店番ネコ・白黒ブチ-夕やけだんだんの上

yanaka0628
 28日-谷中銀座へ続く夕やけだんだん(階段)の上にある酒屋・大島酒店(西日暮里3丁目)の店先です。白黒ブチが香箱を組んで店番をしていました。手を出すと擦り寄るのではなく逃げる「谷中ネコ」です。ちなみに、この白黒ブチは鼻の左下に黒い鼻クソ模様があり、実に愛嬌があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 21, 2005

【やなか住ネコ19】愛嬌たっぷり茶トラ-谷中7丁目

yanaka0621
 21日-足音を聞きつけて、ドテッと横になり、体をクネクネ。「撫でて~」オーラを発した茶トラ。谷中のネコは首輪をしていても、めったやたらと寄ってこないので、珍しく飼い猫っぽいネコに出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 15, 2005

【やなか住ネコ18】路地の鼻ブチネコ-谷中7丁目

yanaka0615
 15日-この鼻ブチネコも谷中7丁目に住んでいます。御用達のお宅があるようで、首輪をつけています。愛想がよく、立ち止まって話しかけると足下に寄ってきてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 06, 2005

【やなか住ネコ17】門番見習いの黒茶ブチ-谷中7丁目

yanaka0606
 6日-何度も登場する黒茶ブチ。玄関の軒の上で香箱を作っていました。ネコは物音も立てませんから、気づかなければそれまで。人間の足音に慌てて逃げ去るネコと、路傍の石や門柱、電信柱にでも化けた気になり、人と視線が合わなければ、佇んでやり過ごすネコと2種類いるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 03, 2005

【やなか住ネコ16】もう一匹、看板ネコ-谷中7丁目

yanaka0603
 3日-谷中7丁目でもう一匹の店番ネコを見ました。飲食店がアーケードの左右に並ぶ路地・初音小路にある都せんべい(谷中7-18-3)の店番をしていた看板ネコです。写真のモデルは気乗りしないといったそぶりでしたが、ごませんべい、にんにくせんべいなど、せんべいを買ったら、足下に寄ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 02, 2005

【やなか住ネコ15】美容室の看板ネコ-谷中7丁目

yanaka0602
 2日-美容室の看板三毛ネコ。窓越しに通行人を眺めているのをよく見かけます。気候もよくなり、今日は窓があいていましたが、同じ窓辺に陣取って、呼び込み?をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May 24, 2005

【やなか住ネコ14】黒茶おすましさん-谷中7丁目

yanaka0524
 24日-この黒茶ブチネコは、いわゆる鈴をつけた外ネコで食料御用達のお宅があります。我が家にも近いので、チャリチャリと鈴音がすると、「あ、黒茶ブチかしら」と思ったりします。しかし結構、鈴をつけた外ネコは多く、谷中では犬も鈴をつけて路地を通りますので、本当のところはどうなのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May 10, 2005

【やなか住ネコ13】お墓の大将!? シロネコ-谷中霊園

yanaka0509_2
 9日-谷中霊園を歩いていると、ネコに出会います。これは、守りネコのように墓石の天辺に置物のように佇んでいたシロネコです。樹木の上に頭だけ出して、まるで見張りをしているように見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

April 27, 2005

【やなか住ネコ12】おすまし黒猫-谷中霊園

yanaka0427_3
 27日-谷中7丁目の黒猫です。谷中霊園沿いのぎんなん横丁と呼ばれている小道を通行する人の視線の先を追ったら、墓地から通りの人間を観察する黒猫の視線とぶつかりました。
 ぎんなん横丁は、朝倉彫塑館の母屋玄関前から霊園の敷地沿いに延びている道で、霊園内の目抜き通り・さくら通りと平行に走っています。ぎんなん通りとぶつかり、その交差点には、イチョウの大木があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

April 23, 2005

【やなか住ネコ11】黒ネコとトラネコ-谷中7丁目

yanaka0423
 23日-真打登場!2匹の黒猫です。これまでも庭からチリチリと鈴の音が聞こえることがたびたびありました。きっとネコだろうと思っていました。ヤッパリ。この2匹は、ご近所でかわいがられているネコたちです。陽だまりで草や虫にジャレる姿は幸せそうです。
yanaka0423_2
 と、なにやら屋根でだみ声が・・・。ネズミ小僧ならぬ、ドロボウ猫-!? トラ猫が屋根瓦を歩いて横切り、左奥の家の2階ベランダに抜けていったのでした。ネコ道は3次元なのだと痛感しました。
※写真をクリックすると写真が拡大されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

April 11, 2005

【やなか住ネコ10】谷中7丁目のシマネコ

yanaka0411
  11日ー谷中を歩くときは足下、左右をよく見てください。写真のように風景に溶け込んだネコがいます。御用達を持っている、いわゆる外ネコの場合は特に、置物や植栽に紛れて人間をやり過ごす場合があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

April 07, 2005

【やなか住ネコ09】店番ネコー文京区根津一丁目

yanaka0407_2
  7日ー根津神社の鳥居前の店先で、店番ネコを発見しました。カウンターに座り、道行く人をじっと見ておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

March 19, 2005

【やなか住ネコ08】夕やけだんだんと黒ネコ

ynk0319
  19日ーお彼岸の谷中は、普段より車の数が多くなります。
  さて、日暮里駅北口から谷中方面に御殿坂を上り、さらに進んで今度は下り階段を下りると、商店街「谷中銀座」に着きます。その谷中銀座手前の階段は、「夕やけだんだん」と呼ばれています。見晴らしのよい坂で、その名の通り、この段上からは、赤く染まった夕空を望むことができます。これは一般公募で名付けられたもので、応募した名付け親は、地域雑誌「谷中・根津・千駄木」の森まゆみさんでした。谷中界隈は、夕やけがきれいなところとして、江戸時代から有名だったそうで、「ひぐらしの里」と言われていたそうです。
  このダンダンの上に駐車場があり、夕方から夜にかけては、餌を与えている人の姿をよく目にします。この黒ネコはダンダンに住むネコの中の一匹。フェンスの外の狭いスペースに香箱を抱えるポーズ。「お〜い、危ないヨ!」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

March 17, 2005

【やなか住ネコ07】谷中5丁目の茶トラ

yanaka0317
 17日-目をギュッと閉じて、「アウ、アウゥ」と甘えたカスレ声で鳴いていた谷中5丁目の茶トラ。かまってほしいのだろうと近寄ると、警戒してボートの船底のようなものが立てかけてある高台にヒョイと飛び乗り、再度「アウゥ」と一声。ネコ好きにすれば、逃げるふりして構ってほしのだと思い込み、人差し指を茶トラの鼻先に持っていく。鼻を近づけてくると思いきや、いきなり爪を立てて左手のジャブ。このネコ、人懐っこいのか、人間嫌いなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

March 12, 2005

【やなか住ネコ06】深窓の令嬢-谷中5丁目

yanaka0312
 12日-梅ほころぶ春の陽だまり。窓から外界を見下ろす深窓の令嬢?を発見しました。谷中5丁目にある住宅2階の窓辺から見下ろすキジネコです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

February 17, 2005

【やなか住ネコ04】日暮里北口近く-谷中7丁目

yanaka0217
 17日-日暮里駅北口近くにある「日本料理・谷中たんぴょう亭」斜め前の駐車場に止まっていた車の上で、日光浴をしていた茶トラ=15日撮影。カメラを向けると、興味を示し、首を持ち上げたものの、目はショボショボ。くつろぎタイムを邪魔されて迷惑そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

February 16, 2005

【やなか住ネコ03】谷中霊園

yanaka0214
 谷中は、よくよく見ると街角、墓石の上、車の下などから、ネコがじっとこちらを伺っている姿に出会います。今回は、行列のできるフランス菓子店「パティシエ イナムラショウゾウ」(台東区上野桜木2-19-8)方面から墓地に向かうと、墓石の上で、いつでも逃げられる態勢ながらも、カメラ目線でパチリ=13日撮影
 谷中霊園は、面積約10ヘクタール。主に天王寺の敷地を東京府が引き継ぎ、1874年(明治7年)9月1日に谷中墓地として開設されています。その後、1890年(明治22年)に東京市に移管され、1935年(昭和10年)に、谷中霊園となっています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

January 18, 2005

【住ネコ02】三浦坂のチョビ

yanaka0118 18日-谷中も坂道の多いところです。三浦坂は、緑が坂を覆い、その一方、下る場合には、左手が墓地とあって空がひらけているので、美しい風景が見られるところです。その坂の中腹に、ネコグッズの企画制作工房「ねんねこ家」があります。週末(金~日曜日と祝日)はグッズの販売もしています。工房の前を通りかかると、ねんねこ家の優秀な営業ネコ?が、工房の前に飛び出したり、台に乗って通行人を眺めたりします。18日午後8時、この日はチョビちゃんが愛嬌を振りまいていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

January 13, 2005

【住ネコ01】陽だまりで、毛皮干し?

yanaka0111
 11日―谷中を歩いていると、思いもかけないところに猫が佇んでいて、ドキッとさせられます。例えば、谷中霊園の墓石の前で、路地の門柱の上で・・・。小春日和の温かな午前中、日暮里駅北口から谷中銀座商店街に向かう一本道の「夕焼けだんだん」と名づけられた階段にいた猫です。陽だまりの中、頭をなでさせてくれました。

| | トラックバック (1)