« November 2007 | Main | January 2008 »

December 25, 2007

【やなか掲示板】東西めぐりん-よみせ通り「春木屋」前もバス停に、21日から

Yanaka071225_72  25日-台東区内を循環するミニバスで、谷中・浅草方面をまわる「東西めぐりん」のバス停が一つ、谷中で増えました。

 新しくできたバス停は、よみせ通りの中華そば「春木屋」(谷中3-8-3)の前です。めぐりんは、一回の乗車が百円で、南・北めぐりんに乗り換えもできます。

 谷中から浅草までは、歩くと1時間弱。鉄道だと日暮里-上野(JR)、上野-浅草(東京メトロ・銀座線)と乗り換えなければならず、日暮里から亀戸行きの都バス(200円)で行ったりします。しかし、時間に余裕がある場合は、東西めぐりんを使うのが、楽で安くて30分ほどでいけますので、お徳です。

December 20, 2007

【やなか住ネコ】番外編・クリーニング店の店番犬-よみせ通り

Yanaka071220_72  20日-よみせ通りにあるクリーニング店(谷中3丁目)の店先で、店番をしている小型犬。お客さんの来店を愛想よくお出迎えしています。

December 17, 2007

【やなか掲示板】住景-益子義弘展(東京藝術大学退任記念)-12月23日まで、同大学陳列館

Yanaka0712171 Yanaka0712172  17日-住景[jyukei]-東京藝術大学退任記念・益子義弘展が12月23日まで、東京藝術大学陳列館で催されています。

「ほんとうにそうなのか どれくらいそうなのか」をキーワードに、世界の民家に見る気候性効果調査として、気候によって住まい方、文化が異なる世界各地での住居の実測調査のレポートを一堂に展示しています。イランの地下に広がる民家やスペイン・セテニールの岩を掘ってつくった住居群、ペルーのチチカカ湖上の葦でつくった島で生活している人たちの住まい方など、興味深い報告を知ることができます。また、2階は益子義弘さんが携わった別荘や住居の設計図やパネルなど。

December 12, 2007

【やなか掲示板】「谷根千新商店会」をテーマにミニシンポ-12月15日に

Yanaka071212_72  12日-「谷根千新商店会-谷根千の新しい波-」をテーマに12月15日、まち歩き(見学会)とミニシンポジウムが催されます。財団法人住宅総合研究財団が主催し、研究誌「すまいろん」2008年春号のための第73回ミニシンポジウム。参加費は無料。定員は、見学会が20人、ミニシンポジウムは50人。

 谷中の魅力の一つに、江戸、明治、大正、昭和の名残が町のあちこちに感じられることがよく言われるが、それ以上に谷中の魅力は人と人のつながりとその絶妙な距離感にあるのではないだろうかと仮説を立て、「コレクティブタウン」をキーワードに解き明かしていくというもの。

 見学会「谷根千探訪」は、午後2時から4時まで(雨天決行)。手嶋尚人(谷中学校・東京家政大学)さんによる案内。

 ミニシンポジウム「谷根千新商店会」は午後5時から7時30分まで、東京芸術大学上野キャンパス美術学部中央棟第2講義室で催されます。司会は、手嶋尚人(谷中学校・東京家政大学)さん。パネリストは、扇谷京子さん(ギャラリーKINGYO主宰)、笈入建志さん(往来堂書店店長)、山崎範子さん(谷根千工房)。

 お申し込み先は、ファクシミリあるいは、メールで。①参加希望イベント、②名前、③ふりがな、④所属団体・勤務先、⑤電話番号、⑥ファクシミリ番号、⑦Eメールアドレスを明記して、財団法人住宅総合研究財団のFAX03-3484-5794あるいはEメール suzuki@jusoken.or.jp まで。

« November 2007 | Main | January 2008 »

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!