« February 2006 | Main | April 2006 »

March 29, 2006

【やなか桜並木】しだれ桜-大雄寺

Yanaka060329_72  Yanaka060329_2_7229日-寺町である谷中は、谷中霊園もさることながら、まちのあちこちに巨樹があり、墓所が多いために見晴らしもよく、地域の緑としても親しまれています。その緑が、この季節になると桜色にパッと映えるため、その桜色に釣られて、思わず遠くまで出かけてしまうことになります。

 昨年みつけた桜色=写真右を目掛けて、今年は勇気を出して大雄寺(だいおうじ・台東区谷中6-1-26)の山門をくぐりました。中庭の枝垂れ桜が満開に咲き誇っていました。「樹齢は50年近くなるのではないか」ということです。28日から散り始めたとのこと。枝の下に立つと、まるで桜花の滝に当たっているような気分に、また、幹の近くから見上げると、桜花の傘を差しているような気持ちになりました。風が吹くと、花びらは、サワサワと擦れ合う音を立てながら、舞い散っていました。

 27日には、NPOによって、枝垂れ桜のお花見会が開かれ、桜を愛でながら、おいしいお酒と日本舞踊を楽しむ夕べが催されたそうです。

March 28, 2006

【やなか桜並木】見頃です!-谷中霊園

Yanaka060328_72  28日-谷中霊園のさくら大通りの桜並木は見頃を迎えました=写真左。9分咲きといったところです。 鳥のさえずりもにぎやかで、並木道の脇で、花見をしている人た ちの姿も見られました。Yanaka060328_2_72_3

 桜の季節になると、谷中霊園の中央に桜色のラインが出現します=写真右。夜になると、ライトアップされて、桜色がますます浮かび上がり、お祭りのような華やかな雰囲気が桜色のラインから伝わってくるのを見るのも、楽しみの一つです。

March 27, 2006

【やなか桜並木】7分咲き-谷中霊園

yanaka060327_3_72  27日-谷中霊園の桜並木は7分咲きとなり、見事な桜色アーチを作っています。

 午前10時。さくら大通りは、石材店のトラックの荷台に石を運び込んでいる人、スケッチをしている男性、花を見上げながらゆったりと歩いている人などの姿がありました。

March 25, 2006

【やなか桜並木】上野公園-3分咲きの桜で花見にぎわう

yanaka060325_2_72yanaka060325_3_72 25日-上野の山は江戸時代から桜の名所として知られたところです。25日の上野公園は、3分咲きのソメイヨシノの桜並木の下に、ビニールシートを敷き詰めて、夜桜と宴を待ちわびる人や桜に誘われて散策をしている人たちでにぎわいました(わずか30分ほどで、迷子のアナウンスが2度もあったほど)。

 並木のソメイヨシノは、エドヒガン系の種類。東京上野ライオンズクラブによる動物のトーテンポール脇の桜の木が、開花予想の基準木となっているそうです。

yanaka060325_5_72yanaka060325_4_72   上野公園の桜はソメイヨシノのほかにも40種類以上あり、4月下旬まで楽しむことができるのだそうです。

 大噴水そばの濃いピンク色をして花がお辞儀をしている桜は、カンヒザクラで、見頃です=写真下左・右

March 24, 2006

【やなか掲示板】天台宗開宗1200年記念特別展で、上野・寛永寺の秘仏本尊が初公開ー東京国立博物館で3月28日から

yanaka060324yanaka060324_2 24日-東京国立博物館平成館で3月28日から5月7日まで、天台宗改宗1200年記念の特別展「最澄と天台の国宝」が催されます。

 東京国立博物館、天台宗などが主催するもの。全国80カ寺から国宝31件、重要文化財100件を含む66件が出品され、上野・寛永寺の秘仏・薬師如来像(重要文化財)をはじめ、本尊仏の寺外初公開が実現されます。

 天台宗の宗祖・最澄(伝教大師)は、「国宝とは何物ぞ」と問いかけ、「人」とその答えを著し、身分の差なく仏教はすべての人々を救うと説いたと言われています。比叡山延暦寺には、その教えに魅せられた僧たちが集いました。そして、比叡山で学んだ僧から、法然(浄土宗)、栄西(臨済宗)、道元(曹洞宗)、親鸞(浄土真宗)、日蓮(日蓮宗)たち開祖が誕生しました。(特別展のチラシから)。

  1.  出品の一部
    ・上野・寛永寺の秘仏本尊=需要文化財・薬師如来像
    ・智証大師が感得した「黄不動」=国宝・不動明王像 曼殊院
    ・法華経の信者を守る普賢菩薩=国宝・普賢菩薩像 東京国立博物館
    ・伝教大師の直筆。有名な「一隅を照らす、此れ即ち国宝なり」の一文が。=国宝・天台法華宗年分縁起 延暦寺
    ・天台宗東北大本山・中尊寺の名品=国宝・六道絵 阿鼻地獄 聖衆来迎寺
    ・天台宗祖、伝教大師・最澄=国宝・最澄像 一乗寺 
  2.  関連イベント
    ・「天台声明公演」4月7日(金)午後6時30分~7時30分、東京国立博物館本館前(雨天の場合は屋内)。聴講無料(ただし、入館料は必要)。
    記念講演会「近江歴史塾・司馬遼太郎が見た比叡山の魅力」4月28日(金)午後6時~7時30分、東京国立博物館平成館大講堂。講師は、徳法院住職の福田徳郎さん。定員380人。当日受付。無料(ただし特別展の観覧券が必要)。

 特別展の観覧料金、みどころほか詳しいご案内はこちら

March 23, 2006

【やなか桜並木】開花間近-谷中霊園の桜並木

yanaka060323_2_72yanaka060323_3_72   23日-ちらほらとつぼみを綻ばせているものの、全体としては、開花いま一歩といった感の谷中霊園の桜並木です。

 今にも開花しそうなつぼみ=写真左を見ていると、花を咲かせる桜の木の息吹が伝わってくるようです。だからこそ日本では、短い間に開花して散る桜を、人の生命と重ね合わせて愛でるのでしょうか。

【やなか桜並木】「お見事!」―本行寺の枝垂れ桜

yanaka060323_72  23日-本行寺(荒川区西日暮里3-1-3)の墓所にある枝垂れ桜が見事に開花しました。塀越しに見える桃色の花に誘われて山門をくぐる人たちからは、「うわぁ、きれい」、「すばらしい」と感嘆の声が漏れていました。

  •  山門には、本堂で催される予定のイベント告知の掲示がありました。桜の季節に合わせて企画されてものもあるようです。
    ・「能にふれるひととき~能の楽しみ方や能楽師との集い~」=4月4日(火)午後6時~7時30分、参加費2000円。能舞台の進行と見所をビデオを見ながら解説。
    ・「MIKO&YUKARI'S ジャズ&カンツォーネコンサート」=4月9日(日)午後5時30分開演。出演:MIKO高城(ジャズ)、西条ゆかり(カンツォーネ)。チケット3500円。
    ・「第7回はなしの里 語りの会」=4月14日(金)午後1時30分~3時30分。入場無料。

March 22, 2006

【やなかの自然】ハクモクレンの花-了ごん寺

yanaka060322_8_72yanaka060322_7_72  22日-天台宗の随龍山了ごん寺(谷中7-17-2)の境内で、ハクモクレンの花が見事に咲き揃いました。谷中は寺町ですから、境内で大きく育った樹木が多く、花の季節になると、普段は気づかない樹木が、このときとばかりに存在感をアピールします。

 通常、モクレンというと紫の花をつけるものを指すため、白い花をつけるものはハクモクレンといい、白木蓮と書きます。これは、蓮(ハス)の花に似ているところから名付けられたとも言われます。蓮といえば仏教を象徴する植物で、「悟り」を「蓮華」に例えているそうです。

March 21, 2006

【やなか百景】彼岸の中日のJR日暮里駅

yanaka060322_2_72  21日-彼岸の中日のJR日暮里駅。墓参りに訪れた乗降客に向けて、駅舎内のフラワーショップによって供花が販売されていますが、この日ばかりは店頭のみならず改札内のホームにも用意されていました。また、駅職員が、改札の外にも立って、谷中方面への歩行者の交通整理をしていました。

【やなか百景】ドッキング-新交通・日暮里舎人線の敷設工事と再開発③

yanaka060322_4_72yanaka060322_3_72  21日-日暮里駅東口の広場に出現した日暮里舎人線の敷設工事が続いていますが、18日は、カーブの部分が開いていました=写真左が、22日には見事にドッキングして、つながっていました=写真右

 この日暮里舎人線は、道路の上空を利用して、専用の路線を走る交通システムで、輸送力はバスと鉄道の間といわれています。

 路線は、荒川区西日暮里の日暮里駅と足立区舎人の見沼代親水公園駅(仮称)の間約10キロを13の駅を経由して結びます。駅は、日暮里駅、西日暮里駅、赤土小学校駅、熊野前駅、足立小台駅、扇大橋北駅、高野駅、江北駅、上沼田東公園駅、谷在家駅、舎人公園駅、舎人駅、見沼代親水公園駅。完成は、2007年度の予定です。

【やなか桜並木】サクラサク-日暮里駅そばの御殿坂で

yanaka060322_72  21日-谷中からの日暮里駅に続く坂道・御殿坂の桜並木で、開花を発見しました。一番咲きとでもいいましょうか・・・。気象庁の桜の開花予想によりますと、桜は咲き始めてから、ほぼ一週間で満開になるということですから、今週末から来週はじめが見頃になりそうです。

 

March 20, 2006

【やなか桜並木】つぼみ膨らむ-谷中霊園の桜

yanaka060320_72yanaka060320_2_72   20日-谷中霊園は、彼岸入りしたこの週末から墓参りの人たちの姿がみられます。

 霊園の中央を抜けるさくら大通りの並木は、つぼみも膨らみ、開花まもなくといった印象です=写真左

 気象庁が15日に発表した東京でのさくら(ソメイヨシノ)の開花予想日は、3月22日です。統計結果から平均開花日が3月28日、昨年は3月31日でした。開花してから満開になるまでに約1週間かかるのだそうです。一方、民間の天気予報サービス会社のウェザーニュース社は、上野公園の桜の開花予想日を3月26日としています。

 いずれにしても、心落ち着かない一週間となりそうです。

March 19, 2006

【やなか掲示板】ぎゃらりい茶屋三番地で、手織り・染色「春の服展」−3月31日から

yanaka060319_1

 19日ー台東区谷中6-4-7のぎゃらりい茶屋町三番地で「春の服展 ふわっと着るシャツとスカーフ」が3月31日(金)から4月6日(木)の午前11時〜午後7時まで催されます。職工おきぬによるもので、天然素材を植物や化学染料で染めた作品が展示されます。 ■職工おきぬ http://www.quiet.co.jp/oriko-okinu

March 18, 2006

【やなかの自然】枝垂れ桜一分咲き-本行寺

yanaka060318_2_72 yanaka060318_3_72 18日-本行寺(荒川区3-1-3)の枝垂れ桜のつぼみが膨らみ、一分咲き程度になりました。本行寺は四季折々の緑が鮮やかな境内です。山門からうかがう境内は、ハクモクレンの白が青空に映えて見えます。

 本行寺は、観月の地として知られ、月見寺とも呼ばれました。境内には、太田道灌が斥候台を築いた道灌物見塚跡(道灌丘碑)や小林一茶の句碑、種田山頭火の句碑があります。本堂では、ときどき音楽会やお話の会なども催され、地域文化の発信や交流の場ともなっています。

March 15, 2006

【やなかの自然】サクランボの花咲く-谷中7丁目

yanaka060315_72  15日-春の足音が感じられる季節となりました。谷中7丁目のサクランボの実をつける桜の木が花を咲かせました=写真左。昨年も、霊園の桜並木よりも早めの開花でしたので、今年もあとしばらくでしょう。yanaka060315_2_72

 日暮里駅から谷中方面にのぼる御殿坂の桜並木は、まだまだのようです=写真右

March 08, 2006

【やなか百景】日暮里駅荒川区側の広場-新交通日暮里・舎人線敷設工事と再開発②

yanaka060307_72yanaka060307_2_72  7日-日暮里駅の東口広場で行われている日暮里・舎人線敷設工事が佳境に入っています。

 日暮里駅と足立区舎人地区とを結ぶ新交通システムで、道路の上部を使って専用軌道を走ります。開通により、現在はラッシュ時だと約1時間のところを、約20分で移動することができるようになるということです。

 西日暮里方面から日暮里駅東口広場に右折する路線の建設は、カーブの部分を残して、先に直線部が姿を現してきています=写真。開通は来年度の予定です。

March 04, 2006

【やなか百景】東京藝術大学上野校内美術散策①-二重橋の飾灯と橋欄

yanaka060304_72  4日-写真左の飾灯と橋欄は、皇居二重橋の飾灯と橋欄です。1886年(明治19年)に、当時の宮内省がドイツ・ハーコート会社に注文し、2年後の1888年に竣工したものです。東京芸術大学の吉村順三教授が設計した新宮殿造営に伴い、二重橋を架け替えたため、旧飾灯の4基のうちの1基と、橋欄の4枚を、宮内庁から移管されて、この場所に置いたものです。 yanaka060304_2_72

 飾灯の高さは5.1メートル、橋欄は、幅2メートル。

 現在の二重橋、飾灯、橋欄=写真右は、1962年(昭和37年)に内藤春治名誉教授が意匠設計と原型設計をしたものだそうです。

March 02, 2006

【やなか掲示板】竹内伸子さんの絵手紙展「ふしぎ動物園」が3月11日から上野動物園で

yanaka060302  2日-竹内伸子さんの絵手紙展「ふしぎ動物園」が3月11日~4月16日まで、東京都恩賜上野動物園で開かれます(月曜休園、ただし3月27日・4月3日は開園)。

 場所は動物園の西園「ズーポケット」で、展示時間は、午前10時から午後4時までです。

 竹内伸子さんは、日本絵手紙協会会員で、絵手紙をテーマにした月刊誌で執筆するなどのほか、著書に「ゴリラの森からの絵手紙」があります。竹内さんは、谷中生まれで、今も上野動物園近い池之端にお住まいです。今回は、珍しい動物や、動物の赤ちゃんなどの絵手紙約200点が展示される予定です。

 また、上野動物園で3月22日(水)、竹内さんを講師に、絵手紙の描き方教室も催されます。詳しくは、こちらです。

« February 2006 | Main | April 2006 »

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!