« 【やなか住ネコ】運転手もどきネコ-谷中7丁目 | Main | 【やなか私的!】あめ横でマグロではなく鮭を食べる »

December 04, 2005

【やなか界隈】文京ふるさと歴史館の特別展「近代建築の好奇心-武田五一の軌跡」は4日まで

yanaka1203_3  3日-文京ふるさと歴史館(文京区本郷4-9-29)=写真の平成17年度特別展「近代建築の好奇心-武田五一の軌跡」は、4日に最終日を迎えます。

 武田五一は、1872年(明治5年)11月15日に広島県で生まれ、東京帝国大学工科大学(現・東京大学)造家学科を卒業し、大学院に進学。1900年から3年間、文部省による図案研究のためにヨーロッパに留学。帰国後、アール・ヌーヴォーを日本に紹介しました。東京帝国大学工科大学助教授、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)教授などを歴任したのち、京都帝国大学(現・京都大学)に工学部建築学科を創設し、初代教授に就任。1938年、65歳でなくなりました。

 文京区西片で学生時代を過ごし、本郷6丁目に代表作の一つ「求道(きゅうどう)会館」、「求道学舎」があるほか、東京では、千代田区にある日本勧業銀行本店(現・千葉トヨペット本社)、港区の福島行信邸などがあります。

 武田五一は、建築家であり、教育者であり、デザイナーであり、特別展には図面、写真、スケッチ、インテリアなど多才な芸術家であることがわかります。

 強度偽装マンション事件が連日、ニュースで報じられていますが、明治から昭和にかけての建築は「芸術」であり、「商業」ではなかった頃の建築家の精神に触れたような気がしました。

« 【やなか住ネコ】運転手もどきネコ-谷中7丁目 | Main | 【やなか私的!】あめ横でマグロではなく鮭を食べる »

やなか界隈」カテゴリの記事

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!