« 【やなか界隈16】ほおずき市-浅草寺・四万六千日 | Main | 【やなか住ネコ22】傷ついたネコ-上野桜木2丁目 »

July 09, 2005

【やなか界隈17】駒込大観音もほおづき千成り市-奉納パフォーマンス満載

yanaka0709_3
 9日-駒込大観音(文京区向丘2-38-22)でも、9日・10日の2日間、四万六千日の縁日にちなみ、ほおずき千成り市が開かれています。薩摩琵琶やダンス、太鼓など、境内ではパフォーマンスが両日とも、午後4時から9時頃まで催されます。9日は、夕方から雨が降り始めましたが、ダンスパフォーマンスが元気に繰り広げられ、アクセサリーやネコの小物、手作りケーキなど出店がもりだくさんの品物を並べていました。
yanaka0709_4
 駒込大観音は、大和国(現・奈良県)長谷寺本尊の十一面観音を模して1697年(元禄10年)に建立されました。当時の像の高さは、約8メートル。長谷寺の観音様と同様、地蔵菩薩の持ち物である錫杖を持ち、岩の上に立ち、お地蔵さまの慈悲を併せ持つ観音さまとして信仰されてきました。
 江戸名所図会にも図版が載っている駒込大観音と四万六千日の縁日・ほおずき市ですが、1945年5月25日の東京大空襲で、観音像は堂宇もろとも灰になってしまいました。再興されたのは、1993年(平成5年)5月18日のことです。再興された十一面観音は、高さ約6メートル。仏像彫刻家・西山如雲さんが、父・如拙さんの監修で、木曾檜を使った寄木造りで彫刻し、東京都伝統工芸士の藤原茂夫さんが漆塗りと金箔・金粉を施して仕上げたということです。
 

« 【やなか界隈16】ほおずき市-浅草寺・四万六千日 | Main | 【やなか住ネコ22】傷ついたネコ-上野桜木2丁目 »

「やなか界隈」カテゴリの記事

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!