« 【やなか百景74】寛永寺本堂 | Main | 【やなか百景75】復元された江戸時代の陶芸家・尾形乾山の墓碑とほか-寛永寺 »

July 05, 2005

【やなか墓碑案内】慈海僧正の墓-寛永寺境内

yanaka0705_3
 5日-寛永寺境内にある慈海僧正の墓です。正面中央に、聖観音菩薩、右側に「当山学頭第四世贈大僧正慈海」、左側に「山門西塔執行宝園院住持仙波喜多院第三世」、背面に「元禄六年癸酉二月十六日寂」とあります。
 東京都指定旧跡です。
 説明板によりますと、慈海僧正は、学徳をもって知られ、東叡山護国院、目黒不動、比叡山西塔宝園院、川越仙波喜多院を経て東叡山凌雲院に入ったそうです。東叡山とは寛永寺の山号で、この寛永寺一山を統括、代表する学頭には、凌雲院の住職が就任することを慣例としていました。
 学頭は、門主・輪王寺宮の名代を務め得る唯一の有資格者で、学頭の名のとおり宮や一山の学問上の師でもありました。このことから、学頭となった慈海僧正が備えた能力と付随する地位、権力のほどが伺えます。
 慈海版として知られる「法華経」、「薬師経」の翻刻、「四教義算注」、「標指鈔」30巻の著作があるそうです。
 1624年(寛永元年)目黒で誕生し、70歳で没しました。没後、公弁法親王の奏請によって大僧正の位が贈られました。
 墓は初め、凌雲院にありましたが、1958年(昭和33年)東京文化会館建設のため寛永寺に移されたということです。

« 【やなか百景74】寛永寺本堂 | Main | 【やなか百景75】復元された江戸時代の陶芸家・尾形乾山の墓碑とほか-寛永寺 »

「やなか墓碑銘拝観」カテゴリの記事

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!