« 【谷中超私的!】壁に現れる郵便受け | Main | 【やなか界隈14】7月6・7・8日は、入谷の朝顔まつり »

July 02, 2005

【やなか墓碑案内】女子教育、障害者教育にも尽力した中村正直の墓-谷中霊園

yanaka0701
 1日-明治時代に女子教育や障害者教育にも力を注いだ中村正直(なかむら・まさなお)の墓が、谷中霊園にあります。霊園の目抜き通りであるさくら大通りに交差する銀杏通り沿いです。この墓は、東京都指定の旧跡ともなっています。
 都教育委員会の説明板は次の通りです。「 明治時代の教育者、啓蒙学者。
 1832年(天保3年)幕臣中村武兵衛の子として江戸に生まれ、幼名を釧太郎、名を正直、号を敬宇(けいう)という。昌平坂学問所に入り、佐藤一斎(儒学者、1772-1859)について儒学を学ぶ。慶応2年)幕府の英国留学生派遣に取締として同行、英国市民社会の実情に触れた。
 1872年(明治5年)新政府に出仕し、大蔵省翻訳御用を務めるかたわら、翌年、家塾同人社を開いた。女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)校長就任、訓盲院の開設など、女子教育、障害者教育にも力を注ぎ、東京帝国大学教授、元老院議官、貴族院議員も歴任した。
 1891年(明治24年)6月7日、60歳で病没。
 正直は、西周(にしあまね、思想家、1829-97)、神田孝平(蘭学者、1830-98)らと明六社を起こし、啓蒙思想の普及に務め、日本近代化に貢献した。
 訳著書に「西国立志編」、「自由之理」などがある」

« 【谷中超私的!】壁に現れる郵便受け | Main | 【やなか界隈14】7月6・7・8日は、入谷の朝顔まつり »

「やなか墓碑銘拝観」カテゴリの記事

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!