« 【やなか墓碑案内】女子教育、障害者教育にも尽力した中村正直の墓-谷中霊園 | Main | 【やなか住ネコ21】「うざいのよ・・・」-谷中霊園の茶トラ白ソックスと黒 »

July 03, 2005

【やなか界隈14】7月6・7・8日は、入谷の朝顔まつり

yanaka0702
 2日-入谷界隈を歩いていたら、朝顔まつりのポスターが目に入りました。7月6~8日の3日間、入谷鬼子母神(真源寺・台東区下谷1-12-16)と入谷中央商店街によって、境内と言問通りに100以上の店が並び、約2万以上の朝顔の鉢が売られるそうです。
 入谷中央商店街公式ホームページによりますと、朝顔は、奈良時代に薬用として中国から輸入されたそうで、当初は青色のみだったのが、のちに白、赤も作られ、江戸時代の文化・文政(1804-30)の頃から観賞用として栽培されるようになったそうです。
 入谷の朝顔が世に知られるようになったのは、明治中期で、植木師・成田屋留次郎が、田崎草雲(1815-98)の画で江戸・京都・浪花から84品種を選んで図説「三都一朝」を著わしたり、各地で「花合わせ会」を開くなどを行ったことにあるそうです。
 終戦後、入谷の商店街の再建と人々の心に潤いを取り戻そうとの思いから、1948年(昭和23)、朝顔を中心とした植木市が行われるようになり、現在は朝顔のみを売る「朝顔まつり」として、七夕の7月7日を挟む6日から8日までの3日間に開かれるということです。

« 【やなか墓碑案内】女子教育、障害者教育にも尽力した中村正直の墓-谷中霊園 | Main | 【やなか住ネコ21】「うざいのよ・・・」-谷中霊園の茶トラ白ソックスと黒 »

「やなか界隈」カテゴリの記事

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!