« 【やなか界隈12】つくばエクスプレス、開業まであと91日 | Main | 【やなか百景63】将軍腰掛石と福神漬け発明者の碑-浄光寺② »

May 26, 2005

【やなか百景62】江戸六地蔵と雪見寺-浄光寺①

yanaka0526_4
 26日-古くから風光明媚なところだった日暮里は、月見寺(本行寺)、花見寺(青雲寺・修性院)として知られている寺があります。加えて、眺望がすばらしく、特にここからの雪景色がすばらしいと雪見寺として知られている寺があります。それは、浄光寺(荒川区西日暮里3-4-3)で、真言宗豊山派の寺院です。法輪山法幢院と呼ばれ、江戸時代までは諏方神社の別当寺だったそうです。
yanaka0526_2
 江戸最初の東都六地蔵の3番目の地蔵菩薩(荒川区指定文化財)があります。銅でできた約3メートルの立像で、空無(くうむ)上人の教えによって、江戸東部6ヵ所に6つの地蔵が置かれたということです。かつては門の傍らの地蔵堂に安置されていたため、門前は「地蔵前」とも呼ばれるのだそうです。
 六地蔵は、墓地の入り口、村の入り口など境界に立てる六体の地蔵のことで、地獄道、飢餓道、畜生道、阿修羅道、人間道、天道の6つの道で苦難を救うとされています。
 

« 【やなか界隈12】つくばエクスプレス、開業まであと91日 | Main | 【やなか百景63】将軍腰掛石と福神漬け発明者の碑-浄光寺② »

「やなか百景」カテゴリの記事

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!