« 桜が咲き始めました!-谷中霊園 | Main | 【やなか桜並木】4日-2分咲き »

April 04, 2005

【やなか界隈05】東京国立博物館お茶室で現代美術展

yanaka0402_9yanaka0402_8
 2日-東京国立博物館の円山応挙(1733~95)の画がある「応挙館」など5棟の茶室と園庭で、6人の現代美術作家が「Art in 茶室 Part2-和の空間に試みる現代美術」展を開催しました。
 作品を展示発表したのは、岩渕祐一さん、右近多恵子さん=写真左の作品、大熊肇さん、萩原宏典さん、三木祥子さん、渡辺敏子さん=写真右の作品の6人。
 江戸初期の文化人であり茶人としてしられる小堀遠州(1579~1647)が京都伏見の六地蔵に建てた数奇屋の一部の転合庵(てんごうあん)など、歴史的に貴重なお茶室で、6人の作家が見学者に、作品の意図やねらいを説明したり、見学者が作品から受けた印象など感想を述べたりと、作品を通して作家と見学者との交流が行われました。

« 桜が咲き始めました!-谷中霊園 | Main | 【やなか桜並木】4日-2分咲き »

「やなか界隈」カテゴリの記事

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!