Main | February 2005 »

January 30, 2005

【やなか百景12】日暮里富士見坂

ダイヤモンド富士の眺望ならず-明日は?
yanaka0130
 30日-日暮里の富士見坂は、東京・山手線内にもかからわず富士山を眺望できる坂道です。「富士山頂に夕日が沈む風景が見られるかもしれない」と、カメラを手にした人など約300人が午後4時53分の日没を待ちました。この日は、山頂付近に雲がかかり=写真、残念ながら、日没をはっきりと拝むことはできませんでしたが、かすかに稜線沿いに沈んでいく太陽の光を見ることができ、「まるで富士山が燃えているみたい」というささやきが聞かれました。
 日暮里・富士見坂から見た場合、太陽がちょうど富士山の頂付近に沈むように見えるのが、1月30日前後と11月11日前後の年2回。高層ビルの屋上ではなく、江戸時代の人たちも眺めたであろうという土地で、山手線内というと、現在は、この日暮里の富士見坂と、大塚の富士見坂の2カ所のみで、大塚の方は、稜線の一部が見えるのみとなっているそうです。
 日暮里から富士山までの眺望ライン上には、文京区、新宿区の幹線道路沿いの高層ビルが建てられる区域もあり、1990年当時の写真と比べますと、高層マンションなどの建設により、富士山の左稜線が隠されるなど、景観は悪化しています。
 それを憂い、「日暮里富士見坂からの眺望は、風景遺産として、21世紀中に再び富士山の全景を望む風景を取り戻したい」と、事業者や地権者の人たちへの理解や行政の支援を求めて、活動している人たちがいます。
 それは、日暮里富士見坂を守る会で、メンバーは約30人。定期的な観測のほか、見物人でごった返す日没時には、警察の指導のもとで、交通整理をしたり、見物に訪れた人たちなどに、景観を守ることへの理解を呼びかけたりしています。
 そのような中、この貴重な眺望は昨年11月、国土交通省による「関東の富士見100景」の一つに選定されました。
 これによって、今後、富士見眺望と周辺地域が一体となった景観保全事業が進められ、富士見についての住民などの活動が支援されるということです。風景遺産として、広く人々に知ってもらい、大切に保全したいという共通の思いが広がる足がかりとなることが期待されます。
 守る会の人によりますと、富士山は、秋から冬の寒くて風のある日に見られることが多く、春から秋は霞んでしまうのだそうです。そして、いくら東京が快晴でも、富士山周辺の天候によっては、見られないなど、富士山頂への日没が見られるのは好条件がそろったときとなるとのこと。何年か前には、富士山頂に太陽が、まるでジュッと音を立てるように沈んだ光景が見られたことがあったそうです。
 また、ダイヤモンド富士とは、富士山の影に沈んだ夕日が、明るく輝く一瞬を捉え、後光のように見えることを言うのだそうです。
 さて、明日は、天候に恵まれれば、富士山頂の右肩をかすめ、右稜線沿いを沈む日没とダイヤモンド富士が見られることでしょう。

January 29, 2005

【やなか百景11】観音寺の築地塀

yanaka0129
 29日-観音寺(谷中5-8)に残る江戸時代の築地塀です。築地塀とは、柱を立て、板を芯として泥で塗り固め、かわら屋根をふいた塀のことで、宮殿・社寺・邸宅に使われたそうで、さらに、瓦を横に並べて、練った土と交互に入れた土塀を特に「練塀」ともいうそうです。谷中の観光スポットの一つです。1992年、台東区まちかど景観コンクールで「まちかど賞」に選ばれています。

January 28, 2005

【やなか百景10】東京芸大のフェンスを食べるシダレヤナギ

yanaka0127
 東京藝術大学音楽学部の正門から谷中方面にフェンスをたどって歩くとこのフェンスを食べるシダレヤナギに出会えます。

January 27, 2005

【やなか百景09】日暮里駅西口北改札

日暮里舎人線開通に向け日暮里駅舎改築工事始まる
yanaka0126
 26日-JRと京成が乗り入れている日暮里駅北口改札の西口で、駅舎改築に向け工事機材置き場を作る工事が始まりました。これは、日暮里・舎人線の起点が日暮里駅となることから駅舎が改築されるもので、現在は階段のみの北改札東口の駅舎入り口も、身体障害者用エレベータの設置などバリアフリー化が進められる予定です。また、JRはこれを機に、北改札からホームまでのエレベータやエスカレータも設置する考えだということです。
 日暮里・舎人線は、起点の日暮里駅から終点の足立区の見沼代親水公園駅(仮称)までの約9.8キロを、「ゆりかもめ」のような専用ルートを走る新交通システム機関で、2007年度完成を目途に、インフラ部分を東京都が、インフラ外部(車両基地・駅舎内部・システムなど)を都の第3セクター・東京都地下鉄建設が整備しているということです。

January 25, 2005

【やなか百景08】上野公園

yanaka0125
 25日-女性ボーカルによる澄んだ歌声と男性の長蛇の列。東京愛宣キリスト協会が、上野公園で床屋と炊き出しサービスをしていました。協会のスタッフに尋ねたところ、「私たちは毎週火曜日に来ています」という返事でした。お箸を手に列を作って炊き出しの配給を待っている人の中には、女性の歌声に合わせて一緒に歌を口ずさむ人も見られました。

January 24, 2005

【やなか界隈01】池波正太郎の書斎

0124
 24日-この書斎は、江戸下町を舞台にした「剣客商売」など、時代小説を多数、世に送り出した小説家・池波正太郎(1923-90)の品川荏原の自宅2階にある書斎が一部復元されたものです。
 上野・浅草を故郷とした池波正太郎の業績や作品を広く伝えるために、西浅草にある台東区立中央図書館の一画に2001年9月26日、池波正太郎記念文庫が開設されました。
 文庫には、復元された書斎の一部のほか、自筆原稿や自筆絵画、万年筆やパイプ、小学校の通信簿などが展示されているほか、池波作品以外の時代小説も約8000冊ほど収集され、約3000冊が常時公開されているということです。
 文庫の展示で興味深かったのが、師事した長谷川伸(1884-1963)の筆による
 「観世音菩薩が一体ほしいと思う五月雨ばかりの昨日今日」
と、書かれた掛け軸です。
 「鬼平犯科帳」、「仕掛人・藤枝梅安」、「剣客商売」など、数々の作品を発表した池波ですが、小説が書けなくてひどいスランプに陥り、師を尋ねたところ、長谷川伸は、発熱して寝ていたところを、起きてきて前出の句を書いたのだそうです。観世音菩薩にすがりつきたいほどだ、という作家としての苦悩を表した句で、「僕だって、誰だってみんなそうなんだよ。元気を出したまえ」と励まされ、池波は元気を得たということです。
 さて、池波正太郎の書斎ですが、必要なものが手を伸ばせば取ることができるように配置されています。机の後ろの棚にはタバコのピースの缶が6缶と他の銘柄のタバコも数種が常備されていたようです。また、机には3センチほどの厚さの原稿用紙に、万年筆と青と赤2色が繋がって一本になっている鉛筆と羽ボウキ。左脇には、お茶などを入れる水筒とアルコール用水筒も。机の前には、頻繁に見たという「江戸名所図絵」や鬼平のモデル・長谷川平蔵を見つけた「寛政重修諸家譜」などが置かれています。
 ※写真は池波正太郎記念文庫パンフレットから

 池波正太郎記念文庫
 http://www.taitocity.net/tai-lib/ikenami/ 
東京都台東区西浅草3-25-16台東区中央図書館内
 TEL03-5246-5915
開館:火~土 午前9時~午後8時
     日・祝 午前9時~午後5時
 休館日:月、毎月第3木曜日、年末年始、特別整理期間
 交通:地下鉄日比谷線「入谷駅」から徒歩8分
     地下鉄銀座線「田原町駅」から徒歩12分

 企画展「池波正太郎自筆絵画展 ヨーロッパの人と風景Ⅱ」
 期間:3月16日(水)まで。
 

January 23, 2005

【やなか百景07】路地の落書き

yanaka0123
 23日-谷中は、江戸時代の町割りが残っているところといわれ、たくさんの路地があります。この路地では朝早く、路地を掃くほうきの音が聞こえてきます。続いて、通勤・通学のために駅に急ぐ足音。日中は、首に鈴をつけた犬が散歩する音、宅急便や生協の配達の人が、車が入れないためにカートで荷物を運ぶ音、小鳥のさえずりも聞こえてきます。そして、夕方は学校から帰ってきた子供たちが路地いっぱいでボール遊びをしたり、鬼ごっこ、かくれんぼなどをする弾んだ甲高い声が、空が暗くなるまで続きます。ときには、路地いっぱいに落書きも=写真。そして夜。寒くなると、夜回り、夜警の拍子木の音。車の音がないから、生活の音が聞こえてくるのかもしれません。

January 21, 2005

【やなか百景06】幸田露伴居宅跡の珊瑚樹

yanaka0121
 21日-文学者で小説家の幸田露伴(1867~1947)は、24歳(明治24年)から26歳のほぼ2年間、谷中7丁目に住んでいました。当時は、下谷区谷中天王寺町21番地でした。彫刻家・朝倉文夫のアトリエ兼住居(1883~1964)だった現在の台東区立朝倉彫塑館に隣接した一画で、現在は4軒の住宅が建っています。
 この場所は、路地を挟んで谷中霊園に面しています。フェンスの向こうには墓石と緑が広がり、露伴が小説「五重塔」の筆を進めながら、関東でもっとも高かった高さ約34メートルで総ヒノキ造りの天王寺五重塔を毎日眺めていたであろうことを想像するのは難しくありません。
 五重塔は、1643年(寛永20年)に天王寺の前身・感応寺の五重塔として創建されました。1772年(明和9年)に焼失したのですが、1791年(寛政3年)に棟梁・八田清兵衛らによって再建されました。露伴の小説「五重塔」に出てくる大工の十兵衛は、この清兵衛がモデルといわれています。
 幸田露伴は、下谷三枚橋横丁(現・上野4丁目)に生まれました。谷中で2年間暮らした後は、京橋丸山町(現・中央区)へ転居したということです。昭和22年7月没。墓所は大田区池上本門寺。
 さて、露伴の住んでいた当時の面影は現在、残念ながらまったくありませんが、台東区教育委員会の史跡説明板によると、邸宅跡に育っているサンゴジュ=写真は、露伴が住んでいた頃からあったということです。
 

January 20, 2005

【やなか百景05】東京芸術大学音楽学部の門

geidai
 谷中は、東京大学や東京芸術大学に挟まれた、学生の街ともいえます。この門は東京芸術大学音楽学部の正門です。レンガ造りの門柱に、木造りの大きな門には、くぐり戸が設けられています。大きな楽器を抱えた学生が、校外に出ようと、狭いくぐり戸に苦労して姿を見かけることもあります。道路を挟んだ向かいは美術学部となっています。

January 19, 2005

【やなか百景04】朝倉彫塑館の屋上

yanaka0119
 19日-台東区立朝倉彫塑館の玄関から建物の屋上を見ると、今にも飛び降りそうな姿勢の男性の彫刻があります。朝倉文夫の作品「砲丸」です。この屋上も必見です。谷中が360度眺望できるほか、オリーブの木が育ち、庭園となっています。彫刻界の巨匠・朝倉文夫が構想し、昭和10年に完成されたこのアトリエは、すでに、屋上緑化がなされているのです。

January 18, 2005

【住ネコ02】三浦坂のチョビ

yanaka0118 18日-谷中も坂道の多いところです。三浦坂は、緑が坂を覆い、その一方、下る場合には、左手が墓地とあって空がひらけているので、美しい風景が見られるところです。その坂の中腹に、ネコグッズの企画制作工房「ねんねこ家」があります。週末(金~日曜日と祝日)はグッズの販売もしています。工房の前を通りかかると、ねんねこ家の優秀な営業ネコ?が、工房の前に飛び出したり、台に乗って通行人を眺めたりします。18日午後8時、この日はチョビちゃんが愛嬌を振りまいていました。

January 17, 2005

【春夏秋冬03】七福神詣でその2

7fukujin
 16日-谷中七福神詣は元旦から15日まで、ご開帳されました。私は元旦と9日の2日間で、この版画を手に、東覚寺(福禄寿)・青雲寺(恵比寿)・修性院(布袋尊)・長安寺(寿老人)・天王寺(毘沙門天)・護国院(大黒天)・不忍池弁天堂(弁財天)を巡り、ご朱印をいただきました。長安寺の案内書に、明治初年頃の「七福神詣で巡拝案内図」が載っています。今も当時と同じ道を歩いて参拝していることがわかります。

January 16, 2005

【やなかの自然01・春夏秋冬02】白梅-谷中霊園

yanaka0115
 15日-谷中霊園は、谷中地域の自然を豊かにしています。谷中は寺町で、まちづくりの専門家からは、よく饅頭に例えられます。薄皮の部分が、通りに面したところに連なる民家で、アンコの部分は墓地に当たります。アンコが一番たっぷりなのは、谷中霊園で、四季折々に様々な表情を見せます。15日、この白梅の白が際立って目を引きました。墓石のそばで、誰にともなく春の到来をいち早く告げています。

January 15, 2005

【やなか百景03】旧因州池田屋敷表門

yanaka0114
 14日-谷中から上野公園までは徒歩30分圏内です。写真は東京国立博物館の「黒門」です。このほか、東京国立博物館では、本館と表慶館も、休館日以外の毎日、日没から21時までの間、ライトアップされるということです。
 門前の案内によりますと、この黒門、現在の鳥取県の一部、旧因州の池田家(32万5千石)の江戸屋敷表門として、もとは丸ノ内大名小路(現・丸ノ内3丁目)に建てられました。明治25年に、芝高輪台町の常宮御殿の表門として移建されました。ここは、東宮御所として使われ、その後、高松宮家に引き継がれました。昭和26年9月、城陽文化財に指定されました。昭和29年、今の場所に移建、修理されて、現在に至っています。建てられた年代は明らかではありませんが、形式・手法からみて江戸時代末期のものといわれているということです。入母屋造りで、門の左右に向唐破門造りの番所を備えていることから、大名屋敷の表門としては、もっとも格式が高いものといわれているということです。
 東京国立博物館平成館で現在、唐招提寺展が開かれています。詳しくは、http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00&processId=00まで。

 この大名屋敷の門前、道路を挟んだ上野公園には、青色のテントシートの仮設小屋群が樹木の間に広がり、静寂の中、冬の寒さが包みこんでいました。

January 14, 2005

【やなか百景02】朝倉彫塑館の玄関

yanaka0113
 13日-台東区立朝倉彫塑館の玄関です。朝倉彫塑館は、明治・大正・昭和と活躍し日本彫刻界の最高峰といわれた朝倉文夫の記念館で、朝倉文夫氏自身が独創的な発想で設計した数奇屋造りの母屋と一面池の日本庭園、創作活動や私塾を開いて後進の指導にあたったアトリエが公開されています(昭和10年完成)。館内は、朝倉文夫の代表作「墓守」やネコを題材とした作品、朝倉氏自らがデザインをした調度品や遺愛品が展示されています。この東洋と西洋が見事に調和した感のある館の玄関ですが、現在こちらは開閉されず、アトリエ側の玄関を正門としています。朝倉彫塑館を訪ねてもこの風景をご覧になる方は少ないと思います。

入館案内
開館時間:午前9時30分~午後4時30分まで
休館日:毎週月・金曜日(月・金が祝日のときは翌日)・年末年始・特別整理期間等
入館料:一般個人400円・小学生個人150円(20人以上は団体料金割引あり)
参考:視覚障害のある人は彫刻に触れて鑑賞できます。
所在地:東京都台東区谷中7-18-10
電話:03-3821-4549
http://www.taitocity.net/taito/asakura/

January 13, 2005

【やなか百景01】日暮里駅北口の夜景

yanaka0112
 12日22時30分-JR日暮里駅北口改札から谷中方面に出たところです。山の手線内ですが、高層ビルのある都心といった風景とは違い、左手は谷中霊園です。坂道は「御殿坂」。坂道を上がったところにあるコンビニが、商店では唯一深夜営業をしています。都会の喧騒からは、また別の世界です。

【住ネコ01】陽だまりで、毛皮干し?

yanaka0111
 11日―谷中を歩いていると、思いもかけないところに猫が佇んでいて、ドキッとさせられます。例えば、谷中霊園の墓石の前で、路地の門柱の上で・・・。小春日和の温かな午前中、日暮里駅北口から谷中銀座商店街に向かう一本道の「夕焼けだんだん」と名づけられた階段にいた猫です。陽だまりの中、頭をなでさせてくれました。

January 10, 2005

【春夏秋冬01】谷中七福神詣で

hoteisama 七福神詣での中で、江戸でもっとも古いといわれているのが、谷中七福神詣でです。七福神は、不忍池の弁才天、上野護国院の大黒天、谷中天王寺の毘沙門天、谷中長安寺の寿老人、日暮里修正院の布袋和尚=写真、日暮里青雲寺の恵比寿、田端東覚寺の福禄寿です。元旦から15日まで、一斉にご開帳されるとあって、開運を願う人たちでにぎわいます。9日、谷中銀座商店街が新春イベントとしてこの七福神詣でをガイドしましたので、参加しました。200円の参加費で、おにぎり2個と甘酒、福引ができるというもので、今回、会費は全額、新潟県中越地震に寄付されるということです。

 午前10時30分に谷中銀座を出発し、田端の東覚寺を皮切りに、それぞれの寺院でご朱印をいただきました。不忍池の弁才天までたどり着いたのは午後2時過ぎでした。連休ということもあり、ボーイスカウトやグループ、親子連れ、年配者のカップルなどが目に付きました。

 この七福神ですが、創設者は上野東叡山の開祖・天海僧正といわれています。天海僧正は、経典の七難即滅・七福即生の文から、人望(福禄寿)・正直(恵比寿)・大量(布袋尊)・威光(毘沙門天)・長寿(寿老人)・富財(大黒天)・愛敬(弁才天)と、七神から七つの徳をお授けいただき、ますます幸福な生活が送れるようにと、七福神信仰を人々に勧めたのだそうです。

 また、天海僧正といえば、徳川家康公が思い出されますが、天海僧正が家康公に、「公のご生涯は、長寿、人望、正直、愛敬、威光、大量の七福を備えておられるので、困難な天下統一の大業を完成され、平和な国土をお築きになった。これを神でいう七福神の御徳を表しています」と申し上げたことから、家康公は大層喜び、狩野法眼探幽に七福神の絵を描かせたといわれています。
 そこで、この探幽の宝船に一緒に集めた七福神が評判になり、全国にコピーして宣伝され、普及していったのだそうです。
 
 徳川家康公と天海僧正がきっかけとなった七福神詣で。上野東叡山の弁才天を含むこの谷中で詣では、江戸時代から始まり、江戸でもっとも古いといわれています。そんな話を知ると、ご朱印を集めて詣でる人たちの中に、ふと江戸時代の人たちとも行き交うような気分になったりするのですから不思議ですね。

Main | February 2005 »

Categories

  • 「やニャかの住猫です」
  • まちなみ探訪
  • やなかの自然
  • やなかの路地
  • やなかニュース
  • やなか・かわら版
  • やなか回覧板
  • やなか墓碑銘拝観
  • やなか掲示板
  • やなか桜並木
  • やなか界隈
  • やなか番外編
  • やなか百景
  • やなかSNAP
  • 春夏秋冬
  • 谷中私的!
  • 谷中超私的!